竹内真理子被告の死刑執行確定!マレーシアに大量の覚せい剤を持ち込む、ご尊顔www

大量の覚せい剤をマレーシアに持ち込んだとして、危険薬物不正取引の罪に問われた元看護師、竹内真理子被告(41)に対し、首都近郊プトラジャヤの連邦裁判所(最高裁)は15日、二審の死刑判決を支持し、上告を棄却した。同被告の死刑が確定した。関係者が明らかにした。

4445

竹内被告は「頼まれて荷物を運んだだけで、中身を知らなかった」と一審から無罪を主張していた。今後、マレーシア国王の恩赦を求めるとみられる。

二審判決によると、竹内被告は2009年10月、アラブ首長国連邦のドバイからクアラルンプール国際空港に到着した際、約3・5キロの覚せい剤を隠し持っていた。

336

マレーシアでは一定量以上の薬物所持で有罪が確定した場合の法定刑は死刑。

覚醒剤(かくせいざい、Awakening Drug)とは、日本においてこの名前で知られ、1950年代より乱用が大きく問題となったアンフェタミン類の精神刺激薬である。過去に覚醒アミンとして知られたアンフェタミン類である。広義には、中枢神経刺激薬を指すことがあり、これは脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化する働きを持つ広義の向精神薬の一種で、ドーパミン作動性に作用するため、中毒症状の覚醒剤精神病は統合失調症に酷似しており、乱用・依存に誘発された精神病は、重篤になりやすい。日本において狭義には、覚せい剤取締法で定義されるように、この取締法で規制されているメタンフェタミンとすることもある。しかしながらアンフェタミンも乱用が問題となった。

335

A10神経付近にドパミンの過剰な充溢を起こし、当該部位のドパミン受容体に大量のドパミンが曝露することで覚醒作用や快の気分を生じさせる。

連用すると耐性を生じ、以前と同じ効果を得るためには摂取量の増量が必要になる。

西原村