ゲスの極み乙女・川谷絵音がMステに出演www謎のパフォーマンスwww

タ タレント・ベッキー(31)との不倫疑惑の渦中にある人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)が15日、テレビ朝日系「ミュージックステーションSP」に生出演。報道後、初めてテレビ出演した。川谷は番組冒頭の登場シーンで、3秒間にわたり、頭を90度深々と下げた。歌唱後にも、90度に体を折り曲げ、深々と頭を下げた。“謝罪”のようなお辞儀は7秒間に及んだ。

番組名物の大階段を降りるオープニング。他のメンバー3人が淡々と階段を下りたのに対し、対照的な姿だった。

冒頭では槇原敬之、平井堅、back numberがタモリとトークを繰り広げたが、ゲス乙女に話題は振られなかった。 また、miwaのトーク終わりにカメラが出演者を映し出した場面でも、笑顔はなかった。

1

午後8時37分ごろ、「ロマンスがありあまる」を演奏前に、タモリとこの日、初トーク。「普段あまり使わない言葉を使った」など同曲にまつわるエピソードを表情を変えずに淡々と披露。「中3の時作った」という話題では、タモリから「10代マジックだね」と言われ、この日初めての笑顔を見せた。

1

歌い終わると、1人だけ足を揃え、体を90度に折り曲げ、7秒間にもわたり、深々と頭を下げた。冒頭と歌唱後で計10秒。まるで無言の謝罪のようにも見えた。

1

不倫疑惑は7日発売の「週刊文春」で報じられ、ベッキーは6日夜に緊急会見。「お付き合いはしていない。友人関係です」と釈明し、不倫を否定した。

川谷は同誌の直撃取材に、既婚者であることを否定していたが、6日夜に報道各社に送付したファクスで、昨年夏に一般女性と結婚していたことを認めた。

「週刊文春」には、ホテルのベッドの上でのツーショット写真や、「卒論」という言葉を用い、ベッキーがLINEで川谷に離婚を促すかのようなやりとりが掲載されている。

ゲスの極み乙女。(ゲスのきわみおとめ)は、日本のバンド。男性2人女性2人からなる4人組。初期の楽曲にはラップが盛り込まれており、「ヒップホッププログレバンド」と自称していた。通称「ゲス乙女」、「ゲス」など。所属レーベルはワーナーミュージック・ジャパン傘下のunBORDE。所属事務所はSPACE SHOWER MUSIC。

西原村情報&ニュース