【川崎中1殺人事件】加害者犯人の判決に上村遼太くん父親と母親ブチ切れ…

川崎市の多摩川河川敷で昨年2月に起きた中学1年上村遼太君=当時(13)=殺害事件で殺人と傷害の罪に問われた無職少年(19)の裁判員裁判で、横浜地裁(近藤宏子裁判長)は10日、懲役9年以上13年以下(求刑懲役10年以上15年以下)の不定期刑の判決を言い渡した。

1

近藤裁判長は判決理由で「頸(けい)部を複数回切り付け、真冬の川で泳がせたのは凄惨(せいさん)というほかなく、残虐性が際立っている」と述べた。保護観察中に起こした事件について「酌量には限度がある。更生も困難とみられる」と断じた。

1

判決理由が読み上げられても、証言台の前に立った少年はうつむいたまま淡々と聞き入った。近藤裁判長から「判決の内容は分かりましたか」と聞かれ、小さな声で「はい」とだけ答えた。被害者参加制度を利用した上村君の父親は横顔を見つめ続けたが、その視線を避けるように後ずさりして席に戻った。2日の初公判から、一度も上村君の両親へ顔を向けることはなかった。

上村君の母親は疲れ切った様子で、判決が言い渡されると涙をこぼし、ハンカチを取り出した。判決後、父親は「刑が軽すぎると思う」と憤りを隠さなかった。

裁判員を務めた50代男性は会見で「必ず反省して立派に更生し、被害者の家族におわびしてほしい」と話した。少年の弁護士は「年相応の社会性を身につける訓練が必要。他者を思いやる力を養うべきだ」と指摘した。

≪上村君父親コメント≫犯人に対する刑は、9年以上13年以下の不定期刑でした。受け入れなければいけないのでしょうが、私は、どうしても納得することはできません。遼太の命が、一人の命が奪われているのです。それも目を背けたくなるような残虐なやり方でした。犯人に対する刑は軽すぎると思います。犯人は反省をしているとのことでしたが、私にはそのようには思えません。今回の公判中、犯人は一度も私たちを見ることはありませんでした。犯人の親も同じです。いまだに謝罪しようという意思すら感じられません。自分の子がしたことの責任を取る気のない親に、子を更生させることができるのか、たいへん疑問です。 (抜粋、原文のまま)

≪上村君母親コメント≫意見陳述でお話ししたとおり、私たちの望みは遼太が戻ってきてくれることです。どのような判決でも、遼太が戻ってくるわけではないので、被告人に対しても、判決に対しても、今は考えることはできません。公判を傍聴したことで、あらためて遼太がどのように亡くなったのかを知り、河川敷の様子が報道されると、どうしても遼太が亡くなるまでの姿を思い浮かべてしまいます。多くの方に支えられて、裁判に参加することができ、特に捜査員の方々、事件直後から支援くださった県警の被害者支援室の方々、担当検察官をはじめとする検察庁の方々に感謝申し上げます。 (抜粋、原文のまま)

▼沢登俊雄国学院大名誉教授(少年法)手口は残虐だが、少年の事件であり、近年の傾向から言っても妥当な量刑なのではないか。少年の成育環境に問題があったことや、計画性がなかったことを考慮して判断したことがうかがえる。

 不定期刑 受刑者の身体を拘束する自由刑で、あらかじめ刑期を確定しない刑罰。少年法で採用されており、刑期の最短と最長を宣告し、その範囲内で、執行中の時期に応じて釈放の時期を決定する。
14年に少年法が改正され、刑期の上限が5年以上10年以下から、10年以上15年以下になった。

川崎市中1男子生徒殺害事件(かわさきしちゅういちだんしせいとさつがいじけん)とは、

2015年(平成27年)2月20日に神奈川県川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で13歳の中学1年生の上村遼太(うえむらりょうた)さんが殺害され、遺体を遺棄された事件。事件から1週間後に少年3名が殺人容疑で逮捕された少年犯罪である。

西原村情報&ニュース