【ペヨング】「ペヤング」の姉妹製品をご覧くださいwww 2ch騒然www

即席麺「ペヤング ソースやきそば」を製造する「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)が姉妹商品を近く発売する。名前は「ペヨング」。1文字違いの類似品にも見えるが、メーカー純正だ。

ペヤングは虫が混入した問題を受けて2014年12月に製造・販売を全面中止。製造ラインを一新し、異物混入を検知できるセンサーカメラを設置。品質管理スタッフも増員して15年6月に販売再開した。

現在の生産量は販売中止前の1.6倍と絶好調だ。ペヨングは麺を10グラム減らし、ソースの味も変更。「量と価格を落とし、商品名もヤからヨに落とした」と同社。味は「食べてからのお楽しみです」。

1

1

まるか食品株式会社(まるかしょくひん)は、群馬県伊勢崎市に本社を置く食品メーカー。東日本を中心に長年販売されている「ペヤングソースやきそば」の製造・販売元。

「まるか食品」という社名は、創業者の丸橋嘉蔵の姓と名を1字ずつ取って、丸嘉→まるか、と名付けられた。

1929年(昭和4年)5月 – 伊勢崎市川久保町で前身となる乾麺類の製造販売を営む。
1962年(昭和37年)4月 – 「有限会社丸橋製麺工場」を設立。10月 – インスタントラーメンの製造を開始。
1964年(昭和39年)3月 – 「まるか食品株式会社」を設立。
1975年(昭和50年)3月 – 業界初の四角い容器のカップめん「ペヤングソースやきそば」を発売する。

2014年(平成26年)12月2日 – ペヤングの商品の一部に虫の死骸が混入している疑惑が浮上。当初は安全管理に不備はないと、この疑惑を否定した。12月11日 – その後の保健所の調査の結果、製造段階で虫が入り込んでいた可能性が高まる。最終的には、同日付で本社工場・赤堀工場での生産を停止し、全商品を翌年2月までをめどに販売を自粛することを発表した。

2015年(平成27年) 6月8日 – 「ペヤングソースやきそば」の販売が再開された

西原村