綾瀬はるか、NHK紅白歌合戦(2015-2016)司会に内定の理由がやばいwww

タモリが総合司会を辞退したことで迷走が続いているNHK「紅白歌合戦」で、紅組司会に綾瀬はるか(30)が起用されたことが話題になっている。綾瀬といえば13年暮れの紅白で紅組司会を担当したがトチリまくりで、“放送事故寸前”などの声も上がったからだ。

2

「トップバッターの浜崎あゆみを紹介する際、セリフを忘れて“ハイハイ”とやったのを皮切りに、天童よしみの曲名を忘れて固まってしまったり、審査員席にいた美輪明宏のコメントを途中で遮ったり、和田アキ子の歌を紹介する場面で“こんなメッセージが込められています”と言ったきり、内容を言わず、そのまま曲に入ってしまったり……。ミスを数え上げたらキリがありませんでした」
(テレビ誌記者)

そんな綾瀬をNHKがなぜ起用したのか。

表向きにはNHKが来年3月から3年間放送する大型ドラマ「精霊の守り人」への主演が決まっているから、ということになっているが、そればかりではない。司会者の迷走ばかりでなく、歌手の目玉もいないことから、「ダメダメ綾瀬の再挑戦を目玉にしよう」という思惑が見えてくるのだ。

「13年の紅白は綾瀬の失敗ばかりがクローズアップされていますが、実は視聴率でいったら、ここ10年で最高の44.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークしているのです。さらに、あるネットニュースの調査では“13年紅白で一番良かった人”を聞いたところ、ダントツで綾瀬が1位だった。綾瀬のトチリを白組司会の桜井翔が“最高でした”と言ったり、キムタクが“彼女らしくて満点”とフォローしたことで、結局、一番おいしいところを綾瀬が持って行った格好なのです」(芸能リポーター)

1

綾瀬自身も「もしまた司会をやらせていただく機会がありましたら、もっと練習して出たい」とリベンジを口にしたこともあり、NHKのオファーには所属事務所も二つ返事だったというわけだ。

「ホリプロとしては綾瀬が司会なら、当落ラインギリギリともっぱらだった和田アキ子を押し込むこともできるというソロバンもあったはずです」(NHK関係者)

1

綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 – )は、日本の女優、歌手。広島県広島市出身。ホリプロ所属。身長165cm。スリーサイズは、B88・W61・H91。

西原村情報&ニュース